2007年06月28日

ひとり親家庭に対する医療費助成

■対象となる方
 区内に住所があり、健康保険に加入している
(1)ひとり親家庭の父又は母
(2)ひとり親家庭の父又は母に扶養されている児童(18歳に達した日以後の最初の3月31日までの方、および20歳未満で、中程度の障害のある方を含みます。)
(3)上記(1)および(2)に準じる方。

 この制度におけるひとり親家庭とは、次の(ア)から(ク)のいずれかの状態にある児童を扶養又は養育している家庭をいいます。
(ア)父母が離婚した児童
(イ)父又は母が死亡した児童
(ウ)父又は母に1年間以上遺棄されている児童
(エ)母が婚姻によらないで出生した児童
(オ)父又は母が法令により1年以上拘禁されている児童
(カ)父又は母が生死不明である児童
(キ)父又は母が重度障害を有する児童(障害程度については児童扶養手当の障害判定基準と同一)
(ク)父母がともに離婚、死亡、遺棄、婚姻によらないで出生、拘禁、生死不明、重度障害等の状態にある児童
 遺族年金等の公的年金受給により児童扶養手当が受けられない方も、この制度の対象となります。


■次のいずれかに該当するときは、対象者となりません
(1)申請者又は同一世帯にある扶養義務者等の平成17年中の所得が下記の表の所得限度額以上であるとき。
 扶養義務者等とは、申請者の配偶者及び民法第877条第1項に規定されている申請者の直系血族及び兄弟姉妹のことです。
(2)お子さんが児童(社会)福祉施設に措置入所しているとき。
(3)生活保護を受けているとき。
(4)対象児童が父又は母(事実上の父、母を含む)と生計を同じくしているとき、または母又は父の配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されているとき。(ただし重度障害の父、母を除く)


■医療証の交付および使用方法
この制度の対象者として認定された方には「ひとり親医療証」を交付します。この医療証と健康保険証を都内の医療機関等の窓口に提示することにより、老人保健法に準じた一部負担金相当額を支払うだけで受診できます。(入院時の食事や、70歳以上の方の入院時に食事、居住費が発生した場合、自己負担になります。)
なお、医療証を忘れた時、また都外やこの制度による診療を取り扱わない医療機関等で受診したときは窓口で一度自己負担分を支払い、後日、子育て支援課児童育成係の窓口に保険診療の所定の項目が記載されている自己負担分の領収書(レシ−トは不可)を提出し、医療助成費の支給申請をしてください。領収額(保険外のものは除く)から上記一部負担金相当額を除いた金額を還付いたします。


■申請に必要なもの
(1)印鑑
(2)健康保険証
(3)申請者および児童の戸籍謄本(発行1か月以内のもの)
(4)平成18年1月1日に大田区外に住民票を置いていた方は、前住所の区市町村長の発行する、平成17年中の所得及び平成18年度の住民税の課税状況を証明する書類
(5)児童扶養手当証書(児童扶養手当受給者のみ)


注意)地域により、違う場合もありますので、お住まいの行政にお問い合わせ下さい。
タグ:医療費 助成
posted by ミオナ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 手当・医療費助成・育児支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46083754

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 02:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。